長期保存DVD-R ARLEDIA[アルレディア]
技術者の声 大切なデータを保存するにふさわしいディスクを目指した。-高耐久ディスク開発プロジェクト/技術担当マネージャー 佐藤 晋-
長期保存用ディスク
いま、DVD-Rの品質は「低PIエラー」だけではなく、
「低経年劣化」で選ぶ視点が生まれてきています。
具体的には、記録したものが数ヵ月後に読み込めなくなる
という現象がおきてきました。
保存状況やディスクの品質にもよりますが、大事なデータを
きちんと残し続けるために、さらに高い長期保存特性を持つ
ディスクを開発し安心をお届けしたいと考えました。
「写真データの長期保存」を意識した製品
カメラユーザーの声から、写真アーカイブに最適な媒体として
DVD-Rが求められていると感じました。
「ARLEDIA」は写真データを長期保存する媒体として、
カメラユーザーを強く意識しています。
腐食による劣化を抑制する金銀反射膜を採用
「ARLEDIA」が採用した金銀反射膜は、従来品で使用される銀の反射膜よりも
保存寿命が延びるという寿命評価を得ました。
当社が独自開発したAZO色素を記録層に採用した従来のDVD-Rディスクの場合は、
反射膜と色素の反応による腐食よりも、接着層と反射膜の反応による腐食が寿命に
影響していました。
反応による腐食を金でシャットアウトすることで、高寿命の特性を獲得しました。
製品情報 独自技術 技術者の声 TOP
開発者インタビュー DVD長期保存のたしなみ
MITSUBISHI KAGAKU MEDIA