2006年6月8日
各位
三菱化学メディア株式会社
次世代光ディスク発売開始
HD DVD-R/RW、BD-R/RE ディスク
次世代光ディスク 製品写真
高解像度版はこちら
HD DVD-R/RW、BD-R/RE ディスク ( 2300×615 pixel / 647KB )
三菱化学メディア株式会社(本社:東京都港区、社長:大塚 重徳)は、HD DVD及びBlu-ray Disc両規格に対応する全フォーマットの次世代光ディスクを順次発売開始いたします。
HD DVDレコーダーで録画・再生が可能な録画用片面1層(15GB)HD DVD-R(追記型)は、本年7月5日から世界で初めて発売を開始します。また長時間の録画を実現する同片面2層(30GB)タイプは、近日中にドライブメーカー向けの出荷を開始し、その後市場での販売を開始します。書き換え型のHD DVD-RWは、規格化の完了次第、発売を開始する予定です。
一方、2倍速記録対応データ用片面1層(25GB)ベアタイプ(カートリッジ無し)BD-R(追記型)とBD-RE(書き換え型)は7月5日より発売いたします。なお、片面2層50GBのBD-R /REについては、今秋以降、発売してまいります。
今回発売する製品については、素材開発から生産技術まで、弊社が長年に渡る光ディスクの開発、生産で培ってきた自社技術と経験を投入し、次世代光ディスクに要求される高い信頼性と高度な特性を実現しました。
【当社のHD DVD及びBlu-rayディスクの主な特長 (各メディアの詳細な特長はページ下部をご参照ください。)
1. レコーダーやドライブとの高い互換性
圧倒的に広いパワーマージンを持つことにより、ドライブの記録パワーの変動やバラツキ、ディスク表面に付着した汚れにかかわらず、ディスク表面全体におけるエラーを低減させることに成功しました。
2. 青色レーザー(波長405nm)に対応した強い再生耐久性
再生を繰り返しても、美しい映像と音声を継続的に楽しむことが出来ます。
3. 長期間の安定した記録保存特性
記録前も記録後も、長期間にわたる安定した保存特性を実現しました。
4. 高精度多層化技術
世界で初めて開発・上市した片面2層追記型DVDにおける多層化技術をより一層深化させ、HD DVD-Rにおいて片面2層の量産技術確立に成功しました。
なお、BD-R /REディスクでは、新開発のディスク表面保護層を採用することにより、指紋などの汚れや埃、傷に強く、カートリッジなしでも安心して使用することができます。
また、表面保護層の製造工程においては、独自の精密スピンコーティング法を用い、記録膜全面に渡って膜厚精度±1μm以内という超均一性層を実現しています。 これにより、安定した記録・再生特性を確立しました。
三菱化学メディア/Verbatimグループは、大切な映像やデータを記録・保存し、安全に後世に残していく、という記録メディアの真髄を、次世代DVDメディアでも継承してまいります。 これからも、時代に求められる新たな価値を創出する記録メディアカンパニーを目指します。
<発売品目>
品名 型番 JANコード 入数 記録容量
(録画時間)
仕様 メーカー希望
小売価格
録画用 追記型HD DVD-R
(片面 1 層) *
VR75T1 4991348054670 1枚 15GB
(75分)
10丱献絅┘襯院璽稿り OPEN
録画用 追記型 HD DVD-R
(片面 2 層) *
VR150T1 4991348054816 1枚 30GB
(150分)
10丱献絅┘襯院璽稿り OPEN
データ用 追記型BD-R
(片面1層、カードリッジ無し)**
DBR25N1 4991348054366 1枚 25GB 10丱献絅┘襯院璽稿り OPEN
データ用 書換型BD-RE
(片面1層、カードリッジ無し)**
DBE25N1 4991348054373 1枚 25GB 10丱献絅┘襯院璽稿り OPEN
 * 本製品への記録・再生には、「1倍速記録対応HD DVD Recordable(HD DVD-R) Ver. 1.0(15GB)/Ver.2.0(30GB)規格」に対応した機器が必要です。それ以外の機器ではご使用になれません。 また、著作権保護技術AACS(Advanced Access Content System)に対応しています。転送レート約24Mbps時において、デジタルハイビジョン放送をハイビジョン画質のまま片面1層記録(15GB)で75分、片面2層記録(30GB)で150分、録画することができます。
* * 本製品への記録には、「2倍速記録対応のベアディスク型BD-R(追記型)Ver.1.1規格とBD-RE(書き換え型)Ver.2.1規格」に対応したドライブが必要です。それ以外のドライブではご使用になれません。
【次世代大容量ディスクの生産工場について】
HD DVDはシンガポール、BDは水島(岡山県)の自社工場で生産いたします。
シンガポール工場は新規格製品の生産開発拠点であり、片面2層DVDディスクも世界で初めてここで開発生産しました。水島工場は、高精度マスタリング技術を用いた光ディスク用スタンパーの製造を手がけてきました。また、青色レーザー記録対応のUDO(Ultra Density Optical)ディスクも生産しており、このUDOの開発・生産実績を生かし、今後はブルーレイディスク(BD)の生産拠点となります。
【当社HD DVD-Rの主な特長】
1. AZO色素を応用し、HD DVD-Rに適した新色素を開発AZO色素を応用し、HD DVD-Rに適した新色素を開発
  (1) 圧倒的なワイドパワーマージンを実現
圧倒的に広い範囲でのパワーマージンを持つことにより、規格をはるかに上回る信号特性を誇ります。ドライブの記録パワーの変動やバラツキ、ディスク表面に付着した汚れにかかわらず、ディスク表面全体における低いエラーを約束します。
  (2) 青色レーザーに対応した強い再生耐久性を実現
HD DVDで使われる青色レーザーは従来のDVDで使われる赤色レーザーよりはるかに色素劣化を起こしやすい性質を持つため、これまでの色素では充分な耐久性が得られません。新色素で、青色レーザーに対応できる強い再生耐久性を実現しました。 再生を繰り返しても、美しい映像と音声を楽しむことが出来ます。
  (3) 長期間の記録保存安定性を実現
記録前も記録後も、実績のある高信頼性AZO色素DVDに匹敵する長期間の保存安定性を実現しました。
  (4) 片面2層用のAZO系高感度色素を開発
片面2層ディスク用色素には、より弱いレーザーパワーでの記録にも対応する非常に高い感度が要求されますが、両立が難しい高感度と保存安定性、再生耐久性を同時に実現する新色素を開発・採用することで、それに応えました。
2. 高精度マスタリング技術
MO、CD、DVDから培ってきた高精度マスタリング技術を生かしています。 HD DVDは、DVDに比べ、記録密度をあげる為、トラックピッチをより狭くする必要があり(DVD 0.74μm、HD DVD 0.4μm)、既存技術ではきれいな溝を実現することが困難でした。弊社では特殊なスタンパー製造技術を開発。この問題をクリアしました。
3. 片面2層ディスクには2P転写法
片面2層ディスクの製造方法には2P転写法を採用することで、L0、L1両方の層において高い記録特性を持つディスクを実現しました。弊社は既に片面2層DVDの品質と実績に高い評価をいただいておりますが、それを支えるキーテクノロジーのひとつが2P転写法です。特に有機色素を使った記録層での正確な記録マーク形成において、2P転写法によるディスクは大きなアドバンテージを持ちます。一方で、高い技術が要求される製造方法でもありますが、片面2層DVDの開発と生産で培った豊富な経験と技術を投入することで量産を実現しました。
【当社BD-R /REの主な特長】
1. BD-R (追記型)
BD-R(追記型)には青色レーザー記録用に進化させた独自の金属窒化物によるアブレーション記録膜を採用(記録膜材料の分解によるピット形成)。 金属窒化物は金属そのものよりも化学的に安定しているため、高信頼性アゾ色素膜に匹敵する長時間の保存安定性を持つとともに、ドライブの記録パワーの変動やバラツキ等による影響を受けにくい圧倒的なワイドパワーマージンを実現しています。また、今後の2層以上の多層化、4倍速以上の高速記録まで対応可能な高ポテンシャルを備えます。
2. BD-RE (書き換え型)
BD-RE(書き換え型)には弊社独自の記録膜であるSERL(Super-Eutectic-Recording-Layer; 共晶系相変化膜)技術を踏襲。これは弊社がCD-RW 12Xにおいて世界で初めて採用して以来、その後の高速/耐久性書き換え型光ディスクの流れを築いた記録膜です。これを青色レーザー記録用に最適化した新記録膜を開発しました。BD-R同様、圧倒的なワイドパワーマージンを誇るとともに、繰り返しの記録、再生に強い高度な耐久性と長期間にわたる安定した記録特性を実現しています。
3. 表面保護層
ベアディスクを実現するため、有機・無機ハイブリッドコーティング材料開発力をフルに生かした高品質なディスク表面保護層を新たに開発、採用しました。表面保護層はカバー層とハードコート層から成り、指紋などの汚れや埃、傷に強く、カートリッジなしでも安心して使用することができます。
4. 精密スピンコーティング法
カバー層、ハードコート層の製造工程において独自の精密スピンコーティング法を用いています。 この精密スピンコーティング技術で、記録膜全面に渡って膜厚精度±1μm以内という超均一性層を実現しています。
5. 高精度マスタリング技術
長年培ってきた高精度マスタリング技術を生かしています。BDはDVDに比べ記録密度を上げる為に記録案内溝のトラックピッチをより狭くする必要があります(DVD 0.74μm、BD 0.32μm)。しかしながら既存技術ではそのトラックピッチの実現が困難でした。弊社はDeep UVレーザ露光装置を開発すると共に、マスタリングプロセスの最適化により超精細記録案内溝の形成を可能にしました。
URL:http://www.mcmedia.co.jp
Close Print