2004年11月12日

各位
三菱化学メディア株式会社



デジタル放送録画対応DVD-Rディスク新発売
高解像度版はこちら
デジタル放送録画対応DVD-Rディスク (1400×999pixel/200KB)
  三菱化学メディア株式会社(本社:東京都港区、社長:小林喜光)は、1〜8倍速記録が可能なデジタル放送記録対応DVD−Rディスクを10月下旬より発売いたします。
  2011年より全ての放送がデジタル時代へ突入します。それに先立ち、番組の不正コピー防止対策として2004年4月より地上デジタル放送及びBSデジタル放送に「1回だけ録画可能」というコピー制御信号が導入されました。この制御信号の導入後、これまでデジタル放送番組の録画やHDDからのムーブ※1が可能なDVDディスクは、機器の制約等もありCPRM※2対応のDVD-RWディスクまたはDVD-RAMディスクに限定されていました。一方、DVD-Rディスクの需要が、2004年度53百万枚で対前年比312%と急速な伸びが予想されている中(日本記録メディア工業会調べ)、高速で入手し易いDVD-Rディスクに、デジタル放送を録画したいという声が高まってきました。三菱化学メディアは、市場のニーズにこたえるべく、デジタル放送記録対応のDVD-Rディスクの発売を開始します。本ディスクは、「DVD-R with CPRM対応DVDレコーダー」での録画・再生が可能で、以下の特長を有しています。
(主な特長)DVD-R Ver.2.0/8x CPRM対応
  本ディスクは、CPRM機能を有したDVD-R for General Version2.0/8x-speed 規格に準拠したディスクで、対応したDVDレコーダー※3を使用する場合に限り、VRモードで「1回だけ録画可能」な番組の記録が可能となります※4。またディスクへの記録スピードが最大8倍速となるため、従来のDVD-RAMの5倍速やDVD-RWの4倍速と比べ、大幅な時間短縮が可能となります。

・記録膜に独自色素「DYN-AZO」の採用により記録感度及び高速記録時のパワーマージンをアップ
・超精密基板成形技術の適用により、高速記録時のエラー要因抑制と記録/再生時の安定性を実現
  三菱化学メディアの8倍速追記型DVDディスクは、発売時から、記録感度及び高速記録時のパワーマージンについて市場で高い評価を得ており、今回CPRMに対応した機能を付加させることにより、更に利便性がアップします。
  三菱化学メディアはこれからも、時代に求められる新たな価値を創出する記録メディアカンパニーを目指します。
注)
※1 デジタル放送番組をDVDレコーダー内蔵のHDDに一度記録した後、そのHDDに保存された番組をDVDディスクへ記録しようとする場合の記録方法で、HDDからDVDディスクへ複製(コピー)されると同時に、HDDからその番組内容が自動的に消去される仕組みのこと。
※2 Content Protection for Recordable Mediaの略称で「1回だけ録画可能」な番組の録画に対する著作権保護技術
※3 最新情報は弊社ホームページURL:http://www.mcmedia.co.jp/をご覧下さい。
※4 VRモードで録画するにはVRモードでの初期化が必要となります。
DVD-R with CPRMディスクへの記録(録画)互換 デジタル番組 アナログ番組
VRモード ビデオモード VRモード ビデオモード
DVD-R with CPRM対応レコーダをご使用の場合 ×
非対応レコーダーをご使用の場合 × × ×

※一部、この製品で録画できないレコーダーがあります。
<発売予定時期>
10月下旬
<発売品目>
品名
型番 JANコード 入数 録画時間 ディスクレーベル仕様 メーカー希望
小売価格
8倍速追記型
DVD-R with CPRMディスク
VHR12H5CP 4991348051693 5枚 120分 スタンダード OPEN
URL:http://www.mcmedia.co.jp
Close Print