2003年12月22日

各位
三菱化学メディア株式会社



青色レーザーを使用した30GBの大容量光ディスク
UDO(Ultra Density Optical) ディスクの製造・販売について

高解像度版はこちら
30GBの大容量光ディスクUDO(Ultra Density Optical) ディスク (1500×1070pixel/144KB)
 三菱化学メディア株式会社(本社:東京都港区、社長:小林喜光)は大容量光ディスクであるUDO(Ultra Density Optical)ディスクについて、このたび英国プラズモン社とライセンス契約を締結し、製造・販売することを決定いたしました。
 このディスクはMOディスクを製造している水島工場で製造し、2004年秋から出荷を開始する予定です。ディスクの販売については、日本国内では「MITSUBISHI」ブランド、北米・欧州等海外では「Verbatim」ブランドで販売します。
 UDOディスクはプラズモン社が開発した、青色レーザーを利用した光記録装置に使用する大容量光ディスクで、5.25型MOディスクと類似のカートリッジを使用した記録容量30GB/両面のディスクです。これは5.25型MOディスクのなかで最も記録容量が大きい9.1GBに比べ3倍以上の容量があり、現行のMO製品の記録容量では足りないと感じているユーザーの声にお応えする製品です。将来は120GB/両面まで開発する予定です。
 大容量データを取り扱う銀行、保険、医療、通信、放送等の分野において、大容量・高信頼性及びコストメリットのあるUDOはMOの次世代商品として期待されています。既に、海外ではヒューレット・パッカード社とプラズモン社がUDO技術をベースにしたドライブ及びジュークボックスを発表しており、他のジュークボックス製造企業も同技術の受け入れを発表しています。
 今回、製造販売するUDOディスクは追記型と書換型の2種類があります。追記型は記録したデータを改ざんすることができないためデータの記録保存に最適であり、書換型は1万回以上の書換が可能な高耐久性があります。
[UDOディスクの主な特長]
1. ほこり、指紋等からディスクを保護するため5.25型MOディスクと類似のカートリッジを採用。
2. ジュークボックスやライブラリー用途に対応した静電気防止処理を実施。
3. 30GB/両面の大容量ディスク。
4. 追記型と書換型の2種類のラインナップ。
URL:http://www.mcmedia.co.jp
Close Print