GREEN TUNE

MISUBISHI KAGAKU MEDIA
HOME 製品特長 インタビュー 開発者の声 よくある質問
プライバシーポリシー お問合せ

インタビュー

スペシャル対談
加納直喜インタビュー
神谷幸鹿インタビュー
Q1、GO-GO KING RECORDS /studio(以下GGKR/stと略)は、どのようなスタジオですか?
Q2、音的にはどのようなことに気を遣ってレコーディングをされているのですか。
Q3、加納さんはレコーディングエンジニアだけでなく、 プロデュースもされてます
Q4、使い慣れたGGKRのスタジオで聴いた「Green Tune」の音はいかがでしたか?
Q5、ボーカルはどうでしたか?
Q6、打ち込みのサウンドはどうですか?
Q7、いままで使っていたCD-Rとの音の違いはありますか?
Q8、「Green Tune」の音の評価で、もう少しガッツが欲しいという方もいるようですが?
Q9、実際に音の聴き比べをしていただけますか?
Q10、「Green Tune」に望むことはありますか?
Q11、最後に加納さんご自身の活動を教えていただけますか?
加納直喜さん
プロフィール
1964年生まれ。1987年アルバム「TUXEDO COOL」でデビュー。
その後アレンジャー、ミキサーとして多くのアルバムに参加。
1995年、GO-GO KING RECORDS/studioを完成させ、
プロデューサーチームバンド「GO-GO KING RECORDERS」を設立。
主にレコーディングエンジニア、音楽プロデューサーとして活躍中。

エンジニア&ミュージシャン・加納直喜がROCKでPUNKなゲストを迎えて送る
「三菱化学メディア presents GO GO KING RECORDERS ROCK'N ROLL RADIO」
毎週第2・4木曜日21:00〜21:58 SHIBUYA-FMにてオンエア中!

インタビュー

Q1、GO-GO KING RECORDS /studio(以下GGKR/stと略)は、どのようなスタジオですか?
A1 1995年にスタートして今年10年目になります。ボクは自分が中学・高校時代をすごした70年代の音にいまでもゾクッと感じるものがあるので、基本的に当時の機材をメインに使って自分の音を表現しています。GGKR/stは生楽器を最高にかっこいい音で録音するスタジオですから、そのためにベストなミキサー卓を手に入れました。APIというメーカーの70年代のミキサー卓で、かつて矢沢永吉さんが山中湖に自宅兼スタジオを作ったときに所有されていたものです。
Q2、音的にはどのようなことに気を遣ってレコーディングをされているのですか。
A2 例えば、ひとつのギターでまったく同じセッティングをしても、演奏者が代われば音が変わります。同じ楽器だから同じ音がするとは限らない。だからこそ演奏する人の息づかいや、その人らしいニュアンスを”ばっちり“テープに録音しようと心がけています。そして、ミックス時には「自分が最高にかっこいいと思う表現をする」ことがすべてです。音の粒立ち、高域の音のヌケ、あるいは前後感がどうだとかいうのは、後で冷静に聞かないとわからない。やはり作っている最中は、まず自分自身がグッと来るかどうか、心に響くかどうか、ということでしか判断できません。いくら音がよくても自分のミックスがいまいちだと、きっと誰にもその音楽の素晴らしさは届けられないと思うんです。そこが一番重要ですね。
Q3、加納さんはレコーディングエンジニアだけでなく、  プロデュースもされてます
A3 通常、レコード会社とレコーディングエンジニアの仕事は、ミックスを終わった段階でマスターテープを渡してしまえば、それで終了。でもボクの場合、一緒にプロデュースさせていただいていることが多いので、マスタリングが終わってCDの形になっていくその最後の段階まで自分の責任だと思ってスタジオに入ります。
Q4、使い慣れたGGKRのスタジオで聴いた「Green Tune」の音はいかがでしたか?
A4 まず自分のマスターCDから「Green Tune」にコピーしたものの方が、奥行き感があったことに正直びっくりしました。それに、高域がとってもすっきり聞こえたし、低域がくっきりしていた。生楽器を録音することで一番重要なことは、空気感や奥行き感の表現だと思います。GGKR/stはアナログ録音で作業を始めます。せっかく最高な状態で録音しても、アナログテープからデジタルメディアにコピーした段階で、空気感・奥行き感が失われるように感じられて常々残念に思っていました。ボクたちスタジオにいる人間は常にスタジオの音を聴いているので、オリジナルサウンドを知ってるわけです。カッコイイ音だとか、カッコイイ演奏だとかをあますところなくリスナーに届けたい。「Green Tune」で録ったときには元のイメージとほとんど変わらないので、これならスタジオの興奮をできる限り近い形で伝えられるんじゃないかな。とにかく高域の伸び具合や中低域が濁らない。立体感があるのでいいなと思いました。
Q5、ボーカルはどうでしたか?
A5 心から敬愛するアーティストのひとりである久保田さんのアルバムにディレクターという立場で参加しました。ディレクターといっても、実際に浜に出て、マイクを持って生録をしたりしていました。
インデックスページへ
1ページ 2ページ
このページのトップへ

プライバシーポリシー お問合せ