GREEN TUNE

MISUBISHI KAGAKU MEDIA
HOME 製品特長 インタビュー 開発者の声 よくある質問
プライバシーポリシー お問合せ

インタビュー

スペシャル対談
加納直喜インタビュー
神谷幸鹿インタビュー
Q1、SHIBUYA-FMでどのような仕事をされているのですか?
Q2、神谷さんご自身はどのようなサウンドが好きなんですか?
Q3、オリジナルレーベルのCDも制作されていますね?
Q4、久保田さんのアルバム制作でハワイに行かれたそうですね。
Q5、その時の経験からマスタリングCD-Rに求める音があるということですが?
Q6、神谷さんにとってマスタリングはどのような作業ですか?
Q7、音に対してどのようなこだわりがありますか?
Q8、「Green Tune」の音質はいかがでしたか?
Q9、最後にSHIBUYA-FMを今後どのようなFM局にしたいですか?
神谷幸鹿さん
エンジニア&ミュージシャン・加納直喜がROCKでPUNKなゲストを迎えて送る
「三菱化学メディア presents GO GO KING RECORDERS ROCK'N ROLL RADIO」
毎週第2・4木曜日21:00〜21:58 SHIBUYA-FMにてオンエア中!

インタビュー

Q1、SHIBUYA-FMでどのような仕事をされているのですか?
A1 小さいステーションなので何でもやりますが、特に編成と選曲を担当しています。SHIBUYA-FMオリジナルである、朝や昼間から夕方にかけての時間帯は自分が選曲しています。その時に気をつけるのは、SHIBUYA-FMのリスナー像があり、生活に合わせた選曲をすごく意識しますね。
選曲家やDJを自分はアーティストだと思っています。音楽でSHIBUYA-FMの個性をどう出していくかというときに、ヒットチャートだけにとらわれていたらいい選曲なんてできません。選曲は局のブランディングに関わるものだと思います。
Q2、神谷さんご自身はどのようなサウンドが好きなんですか?
A2 喜怒哀楽を表現した曲やアーティストが好きです。この自分の考え方がSHIBUYA-FMの編成を大きく左右していると思います。 サウンド的にはアコースティックな自然な音が大好きです。それにプラスして日本の優れた音楽文化といまの最先端のテクノロジーとかを融合させた音とかも好きですね。たとえばDUBやAmbientなど。加えて、スピリッツとしてのROCKは欠かせません。100%機械だけで創られた音というのは、渋谷の街中には特にあふれているので、あまりかけてないですし、どこか人間の温かみが必要だと思います。
Q3、オリジナルレーベルのCDも制作されていますね?
A3 shibuya-fm recordingsというレーベルから「SHIBUYA BEACH CHILL」というコンピュレーションアルバムや久保田麻琴さんの「KAUAI March-05」をリリースしました。 SHIBUYA-FMの立ち上げの仲間は波乗りの仲間ですので、「SHIBUYA BEACH CHILL」は海を感じられるものがテーマでした。渋谷の雑踏やスクランブル交差点というのは、決して気持ちよく歩いている人なんていないと思います。そこで、街中にいても海にいるような、波にたゆたうような感覚になれればという発想で選曲しました。日本のクラブ系やアンダーグランドと言われているアーティストのサウンドは世界レベルだと思っています。そうしたアーティストの曲の中から、自分が全体を通して海を感じられる曲をチョイスしました。売上げの一部はサーフライダー・ファウンデーションという環境保護団体に寄付させていただいてます。
Q4、久保田さんのアルバム制作でハワイに行かれたそうですね。
A4 心から敬愛するアーティストのひとりである久保田さんのアルバムにディレクターという立場で参加しました。ディレクターといっても、実際に浜に出て、マイクを持って生録をしたりしていました。
インデックスページへ
1ページ 2ページ
このページのトップへ

プライバシーポリシー お問合せ